空室対策

ミヤビグループは空室対策に一番力を入れています。

不安の糧が多いオーナー業

賃貸住宅にとって空室は必ず出るものですが、長く続く空室はオーナー様の「不安の種」になります。

ミヤビグループではまず、入居者募集の前に近隣の市場調査をしオーナー様へリフォームや設備交換の提案及び入居者ニーズの高い設備の導入提案をさせて頂きます。
その後に募集賃料・初期費用などのご提案をします

賃貸市場は借り手市場になってきており、入居希望者が借りて納得していただく部屋作りや賃料設定が決め手になると考えています。
納得して契約された入居者は入居期間も長くなるので空室リスクも低くなります。

また、空室対策の究極の選択としてサブリースのご提案もしています。
サブリースに関しては、日本管理センター(株)「JASDAQ 3276」のパートナー企業として新築・既築に拘らずご提案できます。

JPMC

空室対策サービス

  1. ❶ インターネットによる情報拡散

    アパマンショップ

    ミヤビグループ管理部では、空室情報を社員全員で共有し一日でも早く入居者を確保できるよう努力しています。

    まず、自社店舗を含むアパマンショップネットワークの活用。
    そして管理部独自の仲介会社ネットワークへの空室情報の拡散をします。

    電話・メールだけでなく直接仲介会社を訪問し空室の斡旋依頼をします。

    最近では、インターネットでの物件検索をする入居希望者が増えたため物件検索サイトへの登録に協力していただいています。

    また、「SUUMO」「at home」「HOME's」等の物件検索サイトへの登録もします。

  2. ❷ 賃料査定

    賃料査定

    近隣に在る同等物件の空室状況及び賃料相場を調査し、募集条件の検討に入ります。

    空室物件のエリアから入居者層やニーズの高い設備を調査し、オーナー様にリフォームの仕様や設備の交換・新規導入を検討いただき賃料査定をさせていただきます。

  3. ❸ 現在地周辺業者への営業

    営業

    ミヤビグループ管理部のスタッフが現地周辺の仲介業者を個々に訪問し斡旋依頼をお願いします。

    また、周辺に限らず路線沿線や独自のネットワークを活用し空室情報を拡散し早期の入居者確保をいたします。

  4. ❹ SUUMOを初めとした媒体掲載

    SUUMO

    「SUUMO」「at home」「HOME's」などのポータルサイトの媒体も有効に使い、直接入居希望者の問い合わせに対応いたします。

    また、各種インターネット物件検索サイトの掲載にも積極的に行っています。

  5. ❺ 空室物件の美観維持、リフォーム

    リフォーム

    入居希望者が内覧に来た際に物件が汚くては決まりません。
    ミヤビグループ管理部は空室物件の美観を保つように日々巡回を行っています。

    入居希望者が気持ちよく内覧出来るように、そして入居者が気持ちよく住んでいただけるように。

    また、ミヤビグループでは周辺競合物件に負けないようなリフォームをご提案しています。
    同等の間取り、同じ家賃、同じ内装では当然入居希望者は迷います。
    差別化したリフォームで入居者の早期確保をいたします。

ミヤビグループのサポート

賃貸管理のご案内

賃貸管理のご案内

オーナー様に代わり賃貸住宅の日常業務をミヤビグループの管理専門スタッフがサポートします。経験豊富な管理専門スタッフだからオーナー様も安心して任せていただけます。

賃貸管理のご案内ページへ
空室対策

空室対策

賃貸経営の要といえる空室対策。
アパマンショップを運営するミヤビグループの管理部だからオーナー様へ満室経営をご提供できます。

空室対策ページへ
コンサルティング&セミナー

コンサルティング&セミナー

少子高齢化や賃貸住宅の供給過剰に伴いますます競争が激しくなった賃貸市場での不安や悩みをミヤビグループの管理部が親切丁寧に解決いたします。

コンサルティング&セミナーページへ